昔のお見合い

Pocket

こんばんは~富士子です。

今日は昔のお見合いについて考えてみたいと思います。

 

・設定が大変

 

お見合いと言えば一大イベントなので、

どこかの料亭で本人、両親、仲人が集うのにも

全員の時間調整が大変です。

女性は着付けや髪のセット代もありお金がかかります。

もちろん男性も、料亭などの高価な場所代が

かかり、結構な負担額でした。(;´・ω・)

 

・容易に断れない

 

お見合いの紹介者は、町の有力者や学校の先生、

会社の上司などが多かったので、

うまくいけば良いのですが断る時が非常に

大変でした。ですから、

本当は会ってみたいと思っても、とても

勇気がいるものでした。

 

また紹介されても断り続けていると、

「難しい人」というレッテルを貼られて

紹介すらしてもらえなくなってしまいますので、

納得のいく人に出会えるまでお見合いを

するということも難しいものでした。(;´・ω・)

 

・個人情報を事前に開示

 

(釣書に本籍・現住所・仕事の内容・会社名なども記載)

これの良ところは、近所に聞き合せをしたり、

会社に評判など聞くことができる点で

確実でした。しかし・・・・・

もちろん逆に自分が知らない間に自分のことも

調べられているということですね。(-.-)

 

・家と家の釣り合いを重視

 

これは当然、本人の希望通りにいかないことも

あります。

ある程度お互いの家が納得してから本人同士が

会うとい形が多かったのです。

 

これら昔のお見合いに比べて、今の、

相談所などを介したお見合いは昔の

いいところを残しながらより

進化して合理的になっています。(*^^*)

 

あなたの幸せを心から願っております♪

あばたはついてる!運がいい!

今日のMUSIC

Isley Brothers  「Between The Sheets」

 

 

 

コメントを残す